Biography

Eulalie is an electronic music producer from Japan, who primarily makes music from her “tiny bedroom”.
She writes, arranges, plays and makes her own tracks.

She released her debut EP “Sleep & I’ll Be Decent” on Forgot Imprint in 2020, and has been featured on multiple dreampunk compilations. In 2021, her first album “A Day At The Videodrome”, which payed homage to David Cronenberg’s movie “Videodrome, was voted one of the top 5 albums in EVOLVE Magazine’s “THE TOP 40 ALBUMS OF 2021”.

She participated in the album “Lucid to It” by HKE, the owner of Dream Catalogue and organised her own compilation album “Hazy Visions” with musicians such as Eomac ,Sangam and J.Albert.

Her music, a combination of House, Ambient and Avant-Pop, has been played on the NTS , BBC, InterFM 897 and various radio stations.

Eulalie(ユーラリ)は京都出身のミュージシャン。作詞作曲や歌唱、演奏、ミックス、MV制作を自身で行う。

2019年から寝室で音楽を制作するベッドルームプロデューサーとして活動を開始。
2020年にアメリカのレーベルForgot ImprintからデビューEP『Sleep & I’ll Be Decent』をリリース。2021年にイギリスのレーベルDream Catalogueからリリースした初のアルバム『A Day At The Videodrome』がイギリスで出版されたEVOLVE Magazine誌の企画『THE TOP 40 ALBUMS OF 2021』でベスト5に選ばれる。

コラボやラジオへのミックス提供も行っており、2021年にはイギリスの音楽プロデューサーであるHKEのアルバム『Lucid to It』に参加。多数のコンピレーションアルバムに楽曲を提供、LakkerのメンバーであるEomacなど国内外のミュージシャンを招いたコンピレーションアルバム『Hazy Visions』を自ら企画。

アンビエントやハウス、アヴァンポップを複合した彼女の楽曲はBBCやNTS、InterFM897など国を超え様々なラジオで取り上げられる。