The Liner Notes of "A Day At The Videodrome"

My new album "A Day At The Videodrome"  was released on Dream Catalogue, 18 February .

After the February release, which includes me, the Dream Catalogue will be closed.

I'm honored to be part of the last of the wonderful releases on this great label.

When I was first approached by Dream Catalogue to release an album, I initially wanted to make music that would be my own ‘Dreampunk' and soundtrack of a fictional cyberpunk movie.

But the soundtrack of the fictional film shifted towards real life motifs as the everyday became closer to the movie.
because the world now is really like in a movie.
So I created a film themed music based on sampled sounds from everyday life, like the weather forecast and the sound of a car. It is also the respect for 2814 - "Birth of the new day"

This time I tried to express my own version of "Dreampunk" with the calm soundscapes and aggressive beats that I like.

The cover art is made by HKE , The head of Dream Catalogue . I really love it.

 

1.In hindsight

Someone is looking at the city at night from a high place.
There is no one there. It's just her.

This is a remake of a song called “Hindsight" I did for the No Problema Tapes compilation.
The first half of the ambient has been stretched out and the guitars have been added to give a more raw ambient sound.
(I often make Pad sounds with guitar, and about half of the synthesizer-like sounds on my releases are played with guitar)

What I said in this song -

"I was just watching.
In this city where people are disappearing.

I had nothing to do with it. Have all the fun you want, make all the Insist you want. It's none of my business because I'm not a part of it, and I don't care what I say"

2.Raining Again

A woman woke up in the morning.
And in that world it is raining every day.

The track consists of ambient sounds with sampled rain sounds.

Cyberpunk and rain are very close to each other, as you can see in "Blade Runner".
And often the rain creates important scenes in films.

In film, rain can be a beautiful description, a metaphor for tragedy, or a hint of something.

What I said in this song -

"Rain again today
Always raining"

 

3.Automatic Driving

She finishes getting ready and goes out , operates the car's electronic key and gets into the car.

I recently took a ride in my friend's car
It was a small car, but it had an automatic driving function.
you don't have to hold the steering wheel when you are driving on the highway.

And the mirrors could be switched to the digital monitor, and It also had automatic braking.
I saw it and felt that the world of science fiction was not as fancy as I had imagined, but it was definitely coming true.

What I said in this song -

"I'll take you there."

 

4. Today's News In Numbers

She checks the news and confirms that the world is driven by numbers.

This is a sampling of scenes from the TV where the figures are found.
It was inspired by hearing the news about the virus infecting people spoken in exactly the same tone as the weather forecast broadcast tomorrow's maximum temperature.

I often feel that the world is driven by a lot of numbers.

The sampling of the weather forecast is also intended as a tribute to "Signalwave", a sub genre of Vaporwave.

What I said in this song -

Nothing.
But the announcers told us a lot.

 

5. Centralization Of Dream

She closes her eyes , goes into a dream, she loses the border between reality and dream.

This is a sampling of a Japanese reporter's voice discussing the US presidential election in TV, which I overheard while I was sitting in the dentist's waiting room.

The journalists keep saying "central province", which is sounding more and more like "Centralization".

What I said in this song -

Nothing.
But reporters are keen to talk.

 

6. A Sound Of An Abundance Of Rain

She listens to speeches
The sound of incessant applause mingles with the sound of rain.

This is a sampling of a support speech given by Paula White, President Trump's spiritual advisor.
I'm not that supportive of her, but It was so interesting as an audio that I edited to use it as a vocalist.

I chose the song title because the word “A Sound Of An Abandance Of Rain" is frequently used. 

Maybe to her the sound of applause felt like the sound of rain.

This is an actually speech of the election of a country with great responsibility in a world where a lot of things are happening , like the division of the world and the spread of infectious diseases.

This is a sampling of reality.

What I said in this song -

Nothing.

 

7. A Day At The Videodrome

She finds her way what she to do through the crowds.

The song, which is also the title of the album, was inspired by the film "Videodrome".
It's nonsensical, cynical and a bit devastating.

I love the title of the film so much that I used it for the title of the song.

Is it possible to recognize the boundary between virtual and reality?
Exciting and extreme videos are becoming more and more common in the world.
While more and more videos are realistic, the reality is just as ridiculous as the movies.
Is it possible to perceive the current reality as reality?
Can you be sure that what now you are seeing on your screen is real or virtual?

That's the message I got from the film "Videodrome" and from the current reality.

What I said in this song -

"Aim well.
Ready , Set , go."

アルバム「A Day At The Videodrome」がDream Catalogueで2月18日に発売されました。

私を含む2月のリリースをもって、Dream Catalougeは終了となります。

この素晴らしいレーベルからの最後のリリースに参加できることを光栄に思っています。

Dream Catalogueからアルバムのリリースを打診された当初は私自身の「Dreampunk」であり、架空のサイバーパンク映画のサウンドトラックになるような音楽を作りたいと思っていました。

でも、架空の映画のサウンドトラックは、日常が映画に近づくにつれて現実のモチーフにシフトしていきました。
今自分がまるで映画の中にいるようだと感じることが増えていったからです。
そこで、天気予報や車の音など、日常生活の中からサンプリングした音を元に映画をテーマにした音楽を作りました。

サンプリングはまた、2814 - "新しい日の誕生 "へのリスペクトでもあります。

今回は自分の好きな落ち着けるアンビエントサウンドとアグレッシブなビートを用いて自分なりの "Dreampunk "を表現してみました。

カバーアートはDream Catalogueの代表であるDavid Rossoが担当しています。

HKEとして、そして2814としてDreampunkというジャンルを提唱した方によるアートは本当に今作にぴったりだと思います。ありがとうございました。

以下に各曲の解説です。

1.In Hindsight

誰かが高いところから夜の街を見ている。
そこには彼女以外誰もいない。

これはNo Problema Tapesのコンピレーションに収録した "Hindsight "という曲をリメイクしたものです。
前半のアンビエントを引き伸ばし、ギターを加えて、より生々しいアンビエントサウンドを作りました。

(私はパッドやシンセの音をギターで作ることが多くて、リリースされている曲の中で、シンセサイザーに聞こえるものの半分くらいはギターで弾いています。)

歌詞: 

"見てただけだった

人が消えていくこの街を

ただ、見ていただけだった

関係ない関係ない関係ない

僕には関係ない

楽しむだけ楽しんで

主張するだけ主張して

関係ない関係ない関係ない

僕には関係ない

だって僕は当事者じゃないし

言ってどうなる知ったこっちゃないし"

 

2.Raining Again

朝、一人の女性が目を覚ます。
そしてその世界では毎日のように雨が降っている。

この曲は、サンプリングされた雨音を用いたアンビエントサウンドで構成されています。

"Blade Runner"に代表される様に、サイバーパンクと雨は密接な関係にあると私は思います。

それに限らず、映画のなかで雨は、例えば美しい光の世界の表現であったり、悲劇の象徴であったり、何かを暗示するものであったり、そういった重要なシーンを作ることが多いと感じます。

歌詞 :

"今日も雨、いつも雨"

3.Automatic Driving

彼女は身支度を終え、車の電子キーを操作して車に乗り込む。

最近、友人の車に乗りました。

それには自動運転機能がついていて、高速道路を走っている時なんかはハンドルを握る必要がないくらい。

しかもミラーはデジタルモニターに切り替えられるし、自動ブレーキや様々なアシスト機能が搭載されていました。
SFの世界は想像していたほど派手にではないかもしれないけれど、確実に実現していると感じた瞬間でした。

歌詞 : 

"連れてってあげる"

 

4.Today's News In Numbers

彼女はニュースをチェックし、今日もまた世界に数字があふれていることを確認する。

これはテレビのニュースを録音し、サンプリングして作成しました。

テレビを見ていると本当に世の中の様々なことが数字として日々動いていると感じます。

天気予報のサンプリングが多いのですが、それはVaporwaveのサブジャンルである"Signal Wave"へのオマージュも多少意識しています。

5.Centralization Of Dream

彼女は静かに目を閉じて、夢の中に入る。現実と夢の境目は溶けてなくなっていく。

これもテレビで流れていた音をサンプリングして作りました。

夢の中のような、瞑想の導入のような、自分の中に入っていくための音を作ろうと思いました。

6.A Sound Of An Abundance Of Rain

彼女は誰かの演説を聞いている。
絶え間ない拍手の音と雨の音が混ざって区別がなくなる。

Paula Whiteが行った米大統領選の応援演説のサンプリングを用いました。

最初に聞いた時、単純に音声として面白く感じたので使用しました。

彼女の演説のなかで恵まれた雨音、という意味の言葉が頻出するのでそれを曲名にしました。

世界の分断、感染症の拡大。
そういった様々なことが起こる世界の中の、大きな責任を持つ国の選挙で実際にあった応援演説の音声です。
これは、現実のサンプリングです。

7. A Day At The Videodrome

彼女は群衆の中で、自分がするべき何かを見つけ出す。

アルバムのタイトルにもなっているこの曲は、映画「Videodrome」にインスパイアされたものです。
映画のナンセンスで、シニカルで、どこか破滅的なところが気に入っています。

このアルバムを通して表現したかった映画の最後の場面です。

刺激的で過激な動画はどんどん増えていっています。
現実の様な動画が増える一方、現実は映画の様に馬鹿げたことばかりです。
今、あなたが画面を通して見ているものはリアルなのかバーチャルなのか、確信が持てますか。

そう言ったメッセージを映画"Videodrome"からも、今の現実からも私は受け取りました。